外壁塗装

外壁塗装がはじめての方でも大丈夫!

外壁塗装 業者ランキング

 
 
外壁塗装の相場はいくら?
詐欺業者やトラブルの心配がない、安全な業者の選び方って?
結論から言えば、今は業者を一括で比較すると便利でした。

 

そもそも適正な相場もわからないので、選ぶ基準からわかりません。
普段は利用しないだけに、どこに頼んだらいいのか迷いますよね。

私もどこにしようか迷ったときに、ネットでいっぱい探したんですね。
 

そこで優良業者を選んだときの方法をおすすめ順でランキングにしておきますね。
参考になると思いますので、お役に立てたらうれしいです。

 

外壁塗装の駆け込み寺

外壁塗装の駆け込み寺で見積もりする

日本全国500社からピックアップ!
あなたにぴったりの業者を、日本全国から無料で一括見積もりできるサイトです。

・入力項目が少ない!
・すぐにお電話でお話できます
・業者から直接の営業ナシ
・お断り代行

あなたの地域にあり、条件のよい業者さんを紹介します。金額や施工内容など見積もりの中から選んで依頼することができます。

1つの業者さんではなく「外壁塗装の駆け込み寺」が間に入るので、しつこい営業の心配もありません。
依頼しなかった業者さんへのお断りも代行してもらえます。

外壁塗装・屋根塗装だけでなく、サイディング、外壁リフォーム、屋根リフォーム、。ベランダ、エクステリア、雨戸などにも対応。

外壁塗装の駆け込み寺で見積もりする

ヌリカエ

ヌリカエで見積もりする

地域で優良な外壁塗装工務店が見つかる一括比較サイトです。
 
利用者数470万人突破
・45秒入力で、すぐに相場を確認
 
外壁塗装のみの相場をチェックできます。

ヌリカエで見積もりする

外壁塗装のペンキ王

外壁塗装のペンキ王はこちら

外壁塗装のみを格安におこなうならここ!

30坪で45,9万円!外壁塗装のみであれば、追加料金なし!

しかも安心の5年間の保証付き!

耐用年数を超えたけど予算もあまりない・・・ 外壁塗装だけでよいからコスパ良くお願いしたい。という場合にピッタリ。

施工事例、利用者の事例も豊富です。

対応地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、宮城県、茨城県南部、愛知県、大阪府 ※2018年7月現在

外壁塗装のペンキ王はこちら

 

耐用年数を超えるなどで必要に迫られた場合、困ってしまうのが業者選びじゃないでしょうか。
値段はもちろん、マンションや一戸建てによって費用も大きく違ったり。
ネットで探してみると、それこそ価格はピンキリです。

 

かといって素人ではペンキや作業による品質もわからず、カラーシミュレーションでイメージを確認してみるくらいでした。

こういう時間を考えると、地域の相場も分かるし近くの業者さんをチェックできて便利でしたよ。

 

外壁塗装 相場

 
 
外壁塗装の相場は30坪で50万円~が目安!
塗装の種類や建物の大きさによって価格は変わりました。

 

もちろん自分でチャレンジするならDIYという方法もあります。
経験者ならDIYにチャレンジできるでしょう。
これならホームセンターでいくらでも安くすることができます。

 

でも足場や高品質なスプレーなど道具を揃えていくと、やっぱり意外とコストはかかります。
終わった後も、余ったり使わないハケなどの処分も面倒ですしね。
時間も手間もかかるし、ご近所に挨拶は必要?
など小さな雑用というか、こまごましたことが多いのがデメリットです。

 

*

 

業者の場合も、価格だけで決めると悪徳業者の詐欺トラブルの恐れも。

詐欺業者で報道された例だと、30坪で20万円程度と激安。
ただし2度塗り3度塗りも日にちをおかなかったり、耐用年数の短い粗悪な塗料を使用することもあるので注意が必要です。
 

でも部分補習や屋根の一部だけで良い場合などもありますよね。
そのような場合でもプロに相談できる方が安心でしょう。

同じ安くするにも、使ってはペイント(熱に弱い、防水できないなど)などがあります。
トラブルの元になるので避けたいですからね。
 

 

外壁塗装 助成金

 
 
外壁や屋根などでは助成金(補助金)が受けられることもあります。
助成金や補助金は各自治体で確認しましょう。

 

外壁塗装ではずせないのが、助成金や補助金です。
条件がありますが、助成金や補助金どちらも返済は不要なのです。
申請するだけで審査が行われ、承認されると工事が終了したら支給されます。※後払い

 

助成金は、指定のペイント(塗料)を使うなどかんたんな条件です。支給額は安め。
補助金は審査があり条件を満たす必要があります。支給額は高め。
 

ただどちらにしても「古くなったので塗り替えたい」というのでは難しいかもしれません。

たとえば、エコリフォームを条件に出しているなら、室温を下げる効果のある塗料が必要です。
具体的には「遮熱塗料」や、「断熱塗料」を利用すると対象になります。 ※各自治体によります。
 

 

あなたの地域に助成金や補助金の制度があるなら、必ず利用しておきたいところですね。
同じ施工内容でも安くなりますし、同じ予算ならより高品質なリフォームになります。

 

でも、条件とか手続きとかわからないし、条件を満たしていても塗料とか作業内容はわからない・・
という場合は、プロの業者さんに「助成金や補助金を使いたい」と相談してみるのがいいでしょう。

 

経験豊富な人に直接聞いて、具体的なプランを検討してみる。
その相談結果で総額を確認してから、やるやらないを決めればいいだけですね。

 

 

プロフィール

 
 
外壁塗装業者をスマホでさがしまくった経験から、同じように困っている人の情報収集に使えると思ってまとめてみました。
忙しいかたでも、まずはざっくりとした情報でも少しは役に立つと思います。